マーケティング(marketing)とは?
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

マーケティング(marketing)とは?

[マーケティング] ブログ村キーワード

当サイト/ブログで扱うマーケティング関連のコンテンツや範囲について書いておきたい。

まず、マーケティングとは、広義に解釈すると、市場調査、製品やサービスの企画を含め、販売促進、広告・広報、戦略立案、そして営業あるいは営業支援・営業管理などとても範囲の広いものだ。 

ただ、それを狭義に、ごく簡単に一言で説明するなら、マーケティングとは(あるビジネスや事業、商売において)売れる仕組みを作ること、これに尽きると思う。 この定義に基づいて、このマーケティングという広い範囲の概念に含まれる色々なことについて情報発信を行って行きたいと考えている。 

そこで、改めてこのサイトの内容について考えたとき、気が付いたことがある。

当初、このサイトを立ち上げた時は、もともと自身の仕事であるテクニカル・マーケティングについて色々と情報を提供しようと考えていた。

この方針については、今ももちろん変わらないと考えているが、当初よりも少しサイトの方針に変更が生じているとすれば、それは特に実際のマーケティングの手法やツールとしてインターネットの比重が大きくなったということだ。 

コンテンツの比率から言えば、インターネット関連のマーケティングについてのコンテンツが7割、それ以外の従来型・リアルなマーケティング手法や理論、概念などが3割、という所だと思う。

特に、最近インターネットへの取り組みに当方が傾倒しているからということも理由としてあることは確かなのだが、実際に今日のビジネス、商売においては、それがどのような業種、業態であったとしても、インターネット無しでのマーケティングというものは考えられないと言える。

それは、このサイトのテーマとなっている技術分野のテクニカル・マーケティングでも、もちろん、というか尚更インターネットは必要不可欠だと考えている。

しかしながら、実は技術分野、特にビジネス・トゥ・ビジネス(B2B)のいわゆる法人営業が幅を利かしている部分では、その分インターネットを使ったマーケティングがWebでの製品情報提供などごく一部に留まっていて、それほど進化していないのでは、とも感じている。

特に、当方の携わっていた電子機器の設計や開発、などのB2B分野では、いわゆるIT系とか基幹系、あるいはインターネット関連のハイテクに比べて、製品や商談の単価が高く、引合獲得からフォロー、商談受注までの期間が長いこと、顧客毎や商品毎に営業担当者がいることなどから、インターネットを活用したマーケティングという面では遅れているのではないか、と思うのだ。

そのような点で、このサイトに従来型のイベントやセミナー、法人営業などを中心としたテクニカル・マーケティングの情報を求められる時には、2008年11月の時点ではまだ質・量ともに物足りないかもしれない。

しかし、ネット・マーケティングにやや偏っているとはいえ、リアルなマーケティングも依然として必要・重要だと考えるので、できるだけカバーして行きたいと思っている。 また、当方として僭越ながら、Web(SEO/SEM/SMO)やメールマガジン、ブログ、などインターネットを活用したマーケティングについて御社の一助となれれば幸いに思う。

「こういう情報は無いの?」、とか「○○○についてのコンテンツを掲載して欲しい」などのリクエストがもしあれば、コメントやメール(infoアットtm256.biz、アットを@に代える)にてご連絡を頂ければ幸いである。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"マーケティング(marketing)とは?"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"マーケティング(marketing)とは?"へのトラックバックはまだありません。

"マーケティング(marketing)とは?"へのコメント

"マーケティング(marketing)とは?"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •