日本語によるドメインとURLの検証(1)
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

日本語によるドメインとURLの検証(1)

日本語によるドメインとURLのSEO検証(1)

インターネット・マーケティングというよりは、検索エンジン最適化(SEO)という独立したカテゴリにすべきかと思うのだが、まずはこのブログのエントリー自体(日本語を含むURL)で確認してみたい。

さて、最近のSEO/ネット・マーケティングでは日本語ドメインや日本語URLが注目されつつある。
私自身は昨年くらいまではURL入力の煩わしさ(半角英数字のアルファベットと全角の日本語を切り替えないといけない)のため、日本語ドメインは恐らく普及しないだろう、と思っていたのが率直な所だ。

ところが、最近その日本語ドメインの普及率の状況に変化が起きつつある。
きっかけの一つは、日本語ドメインのURLが検索エンジン、特にYahooでの上位表示に対して効果的だということなのだ。

例えば、この「日本語ドメイン」というキーワードをヤフーで検索してみて頂ければ、少なくとも2007年6月中旬の時点では、日本語ドメインによるURLのサイトが1ページ目に表示されていて、ここに書いてあることがまんざらウソや誇張ではないことがお分り頂けるだろう。

 Yahoo! 検索における「日本語ドメイン」というキーワードでの検索結果

ちなみに、Google ではどうか。 現時点では、Yahoo!よりもGoogleの方が日本語ドメインだというだけでの上位表示には厳しい結果になっている。(日本語ドメインだけではなく、被リンク数などのリンク・ポピュラリティ等をより重視したアルゴリズムのためだと推測される。)

この記事では、このブログのエントリー自体で確認してみたい、と書いたが、検証のために、この記事のファイル名を日本語を含むURL(厳密には日本語のドメインではなく、ドメイン自体は半角の英数字である tm256.biz のままであるが)に変換して、それが検索結果表次ページでの表示順位に影響を与えるかどうかを観測してみようということである。

比較のためには、この記事とまったく同一の記事を書き、ファイル名だけを変えたページを用意すべきなのであれば、そういう行為は検索エンジンにはスパム行為とみなされる恐れがあるために、日本語URL以外の条件を変えない状態をすぐに用意することが出来ないのだが、このブログの他の記事へのアクセスなどからある程度の検証はできるだろうと考えている。

さて、と言う訳で、このページの内容を「日本語ドメイン」というキーワードを意識して書き、「日本語ドメイン」という日本語のキーワードを含むURLとしてMTブログの保存と再構築を行い、検索エンジンにどのように登録されて表示されるかを調べてみたい。 この結果については、また後日のエントリーで報告することとしたい。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"日本語によるドメインとURLの検証(1)"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"日本語によるドメインとURLの検証(1)"へのトラックバックはまだありません。

"日本語によるドメインとURLの検証(1)"へのコメント

"日本語によるドメインとURLの検証(1)"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •