日経ネットマーケティング
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

日経ネットマーケティング

ECサイト運営やインターネット通販の情報は、インターネットで・・・というのは当然なのだが、ネットの情報は玉石混交でもあり、確かな情報、市場分析や解説などの確かな記事だけを効率よく読みたいと言う場合には、やっぱり責任ときちんとした編集体制を持ったメディアの情報を参考にすることも必要だ。

そんな訳で、当方も日経ネットマーケティングに良く目を通している。 (現在の勤務先で購読してくれているのはありがたい。)

日経ネットマーケティングを発行しているのは、日経BP社。 
日経BP社は、このブログを閲覧する方なら恐らくご存知かと思うが、日本経済新聞社のグループ企業であり、B2Bや技術関連の情報を扱う総合メディア企業としては国内では恐らく随一の存在では無いかと思う。

日経ネットマーケティング以外にも日経BP社発行の媒体としては、日経ビジネスや日経パソコン、日経エレクトロニクスなどがあり、いずれもビジネス界、パソコンユーザ、電子機器業界などの各分野でオーソリティの(権威ある)メディアとして一目置かれる存在となっている。

日経ネットマーケティングの特徴は、上述のきちんとした編集体制による、価値ある確かな情報が得られると言うことの他にももう一つある。

それは、日経ネットマーケティングが雑誌、Web、セミナーという三つの手段をメディアとしてフル活用して情報提供や読者との交流を行っているということだ。

もともと、雑誌やオンライン・メディアの運営と各種セミナーの企画・開催というのは、日経BP社の得意とするもので、いわゆるマーケティング・ミックスを地で行っている形。

例えば、雑誌やオンラインメディア(+メールマガジン)でセミナーへの集客を行ったり、セミナーで雑誌の購読を直接働きかけたり、というような形で、それぞれのメディア機能を最大限に生かしながら、相乗効果を生み出しているわけだ。

日経ネットマーケティングは、他の日経BP社の雑誌媒体の多くと同様に年間契約の形を取るが、仕事の情報として経費で落とせるし、読者はセミナーの受講料が割引になるなどの特典もあるので年間購読をお奨めしたい。

ちなみに、11月5日にも「混迷の時代を突き抜けるネットマーケティング ブランディング×ROI」を統一テーマとした日経ネットマーケティングのセミナー「NET Marketing FORUM」が東京で開催される予定だ。

また、11月1日に開催されるバリューコマース社主催のアフィリエイト・イベント「バリューコマースEXPO2008」では、会場への出展(ゴールドスポンサー)と日経ネットマーケティング編集長・渡辺 博則氏によるセミナー「ネットとケータイで"売れる"仕組みを作る―成功に向けた最新動向」が行われる。

「サイトへのアクセス数を増やしたい」、「ネット経由の売り上げを増やしたい」という企業のネットショップやECサイト責任者、ネットでの広告・広報、販売促進などの担当者の方には、日経ネットマーケティングが提供する年間100件の成功事例はセミナーなどでの最新動向と共に見逃せない情報源となるだろう。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ