コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ

技術的に複雑な構造の製品(特にハードウェアが多いと思うのだが)を扱う会社のホームページを見ると、もったいないなぁ、と思うことが多い。

何がもったいないかというと、せっかく無料か無料に近い費用でコンテンツ管理システム(CMS)が使えるのに、それを知らないからか、それとも知っていても単に面倒だからか、理由は分からないが、使っていないからだ。

ネットビジネスの分野ではブログやソーシャルブックマーク、あるいはCGI型の掲示板サイトなどでRSSフィードやpingなどを活用して更新情報を発信しているのに、そういった技術製品を扱うB2B企業のホームページでは、そういった情報発信の工夫がほとんど行われていないのだ。

ブログに関しては、いまや個人レベルでもかなりの割合で普及していることはご存知の通りだが、そういう個人でさえも知らず知らずの内に使いこなしている技術を使わずに損をしているB2Bの会社がなんと多いことか。

確かに、既存のHTMLベタ打ちのページでもWebサイトの更新と情報発信は可能だし、専任のウェッブマスターやホームページ作成担当者がいれば、どうせその担当者に任せれば良い、と経営者サイドは考えているかもしれない。

しかし、ホームページの更新に掛かる工数を削減しつつ、サイトのアクセス数をより多くしたいとお考えであれば、可及的速やかに何らかのコンテンツ管理システム・ベースのウェッブサイト運営に移行すべきと考える。

もう少し詳しく理由を述べると、以下の通りになる:

  1. ホームページ更新や管理の工数削減
  2. RSSフィードやpingによる、ホームページ更新情報の自動発信
  3. 検索エンジン最適化(SEO)対策→Webからの集客率アップ

ホームページ更新や管理の工数削減

静的なHTMLベースのホームページでのサイト更新と管理の場合、たいていの企業では専任(か、でなければ誰かが片手間)のホームページ担当者を割り当てていることが多いと思う。 正社員でなければ、契約社員とか派遣社員であることも多いかもしれないが、とにかく工数が掛かっていることは間違いない。

この場合、ホームページ作成ソフトとしては、手軽な部分ではホームページ・ビルダーなど、担当者のホームページ作成スキルがより高い場合やサイトのクオリティが求められている場合には、アドビのDreamweaver(ドリームウィーバー)を使っていると思う。

いずれの場合にしても、このようなホームページ作成では、テンプレートなどを使うにしても、かなり手作業が多くなる。 例えば、個別の製品概要ページやイベント情報、セミナー情報、など、新しく情報を追加すると、トップのindex.htmlなどをいちいち手で更新し、リンクを張り替える必要がある。

このような作業を自動化できるのが、コンテンツ管理システム(CMS)の良い所だ。

CMSでは、テンプレートやレイアウト・デザインを一度設定しておけば、あとは更新する情報だけをその都度テンプレートの中に入れ込んで、更新あるいは保存ボタンを押すだけで、個別ページの追加、トップページの新着情報などのリンクの張替えなどがすべて自動的に行われるのである。

この工数の差がどれくらいになるかを厳密に定量的に比べたことがないのが残念だが、例えばイベント情報を一つ追加するとして、そのイベントの説明に1ページ、カテゴリ・ページやトップページのリンク情報の更新にそれぞれ更新の工数があったとすると、HTMLベースの手作業であれば、30分かかる作業がCMSベースの作業なら、半分から1/3程度で済むのではないかと思う。

また、CMSの操作はワープロなどとそれほど変わらないので、それさえ覚えてしまえば、情報をまとめる担当者でもWebサイトの更新ができてしまうのだ。 この場合、ホームページ担当者はCMS全体の管理やサーバ、ネットワークの管理など、より重要な作業に時間を当てることも可能になる。 

もしホームページ担当者が専任ではなく片手間であれば、確実に本来の仕事に割く時間を増やすことができるはずだ。 
 
 

RSSフィードやpingによる、ホームページ更新情報の自動発信

CMSのソフトウェアにはコンテンツの追加や更新、編集が簡単に行えて、リンクなどの張替えも自動で行われる機能以外にも大変強力な機能が備わっているものが多い。

それが、二点目のRSSフィード自動生成やping(ピン)自動送信機能だ。
これは、技術的にはやや不正確になるのを覚悟の上で例えて言えば、サイトの更新情報をメールでサイトの閲覧者に自動送信するようなものだ。(ただ、ユーザはメールソフトではなく、RSSリーダーという専用のソフトかRSSフィードに対応したブラウザを使って、その情報を受信、サイトの閲覧を行うという所が新しい点。)

まず、RSSフィードというのは、そのサイトの更新情報をXML形式やRDFなどのファイルにまとめたものだ。
これだけでは分かりにくいと思うが、RSSフィード生成の何が良いかというと、ネットユーザでRSSリーダーというソフトを使っている人が御社のRSSフィード付きサイトを登録してくれれば、それ以降はそのユーザがRSSリーダーを使うたびに自動的に御社サイトの更新情報が伝達されるのである。

ちなみに、インターネット・エクスプローラやFirefoxなどの最新のバージョンでは、いずれもRSSリーダーの機能が実装されているので、ブラウザからもRSSを登録してサイトの更新情報を取得することが可能になっている。

もっとも、御社の顧客や見込み顧客が、RSSリーダーやRSS対応ブラウザを既に使っているとは必ずしも限らないが、使っている場合には、サイトを登録してくれる可能性もかなりあると言えるだろう。
ちなみに、当方はRSSリーダーとして Google リーダーを使っているが、これはブログやニュースのサイトがいつ更新されたかブラウザベースで直ぐ分かるので非常に便利で重宝している。

また、ping については、RSSに似たような仕組みでサイトの更新情報を外部のpingサーバに送信するものだ。

RSSフィード生成機能やping送信機能が装備されているのは主にブログのシステムで、Movable Type や Wordpress などには ping を送信する機能が備わっている。 また、phpbbやZoopsなど掲示板CGI型のシステムなどでもほぼ使えると思って差し支えない。


検索エンジン最適化(SEO)対策→Webからの集客率アップ

上記の RSSフィード生成やping送信とも関係するが、これらの機能によってサイトの更新情報を自動的に検索エンジンやポータルサイトに送ることができるので、結果的に検索エンジンでサイトの更新情報が反映され、より検索結果に反映されやすくなる、つまり検索エンジン最適化の面で効果があるわけだ。

YahooやGoogleなど、ブログ検索機能を持つ主要な検索エンジンにはすべて ping 受信機能があるので、これも活用しないのはその分のアクセスを捨てているのと同じことになり、大変もったいない。 

HTMLベースのサイトだと、通常の検索エンジンだけからしか検索されないが、RSSやpingによって更新情報を配信すると、ブログ検索エンジンでも検索されてアクセスされる可能性が高まるのだ。

また、当方の経験では、Movable Type ベースの当サイトで更新して何十分か後に Google の(通常の)検索結果を確認してみたら、更新したばかりの最新のトップページの情報がキャッシュされていて、その更新情報の反映の早さに驚いたことがある。 Yahoo!の方はキャッシュの更新がそれほど早くはないが、それでも2、3日もすれば、YSTによって検索結果の更新がされている。


以上、サイト更新の工数削減と効率化、サイト更新情報の自動送信・更新、検索エンジン最適化の三つの点からCMSベースのウェッブサイト管理・運用に移行する方が静的なHTMLのみのサイトよりもメリットが大きいことを記した。 

御社の競合よりもネット上でより多くのアクセス数(≒顧客や見込み顧客による閲覧)を獲得したいのであれば、イベントやセミナーの情報、ニュースリリース情報、新着情報などだけでも効果があるので、CMSベースのサイト運営へ一日でも早く移行されることを強くお奨めしたい。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ"へのトラックバックはまだありません。

"コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ"へのコメント

"コンテンツ管理システム(CMS)で集客率アップ"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •