はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい

はてなブックマークについて、ソーシャルメディア最適化の話題の続編ということで記しておく。

当方も比較的最近になってはてなブックマークを使っていて、まだ色々と試行錯誤の段階ではある。
他の Web 2.0 系のサービスと同じで、はてなブックマークのコミュニティというものが形成されているようだ。

そこに自分が強く帰属している訳ではないため(今後はともかく、少なくとも現時点では)、そういう点では、例えばもっとはてなブックマークをたくさんするとか、コメントやタグをもっとたくさん付けるとか、色々とマメな努力が必要なのかもしれない。

参考になるページがあったので、まずそれをご覧になって頂きたい:
はてブの付き方が理解できません。

ここで、この記事自体と上記に引用したはてなのQ&Aページを理解するために必要な語句の確認を。

  • ブクマ = ブックマーク(特に、はてなブックマークのようにソーシャルブックマーク)
  • はてブ = はてなブックマーク
  • ホッテントリ = hot entry、つまりはてなブックマークでホットな話題の記事やニュース
  • 増田 = 匿名のはてなブログや日記(anonymous diaryのカナ読みを短縮)
  • セルクマ = セルフ・ブックマークの略、つまり自分ではてなブックマークするなどの行為

他にもあるかもしれないのだが、まぁこんな所かと思う。

さて、上記「はてブのつき方が理解できません」の方の場合は、はてなダイアリーが前提だと思うが、当方を含めてはてな以外のブログを使っているブロガーやサイトも当然ながら多い。

したがって、はてなブックマークでホットエントリーになり、アクセスが増加するのは、はてなダイアリーの中で話題性や有用性の高い記事のブログとか、新聞社やIT系のネットメディア、それに一部のアルファブロガーなど、と言った感じだろうか。

それに属していない、例えば当方のようなマイナーのなブログがはてなブックマークに取り上げられてアクセスが爆発的に増えるというのは、まだ難しいのかもしれない。

ただ、「はてな」では、今月下旬にはてなブックマークがリニューアルされる予定がある。
markezine の関連記事によれば、はてなブックマークは現在国内最大級で訪問者が300万人、はてブ登録ユーザが20万人、いるということだ。これを登録ユーザを来年夏までに30万人まで増やしたいとのことである。

ということで、はてなブックマークのユーザーが増えれば、その分、ブロガーにとっては、記事のネタになりそうなコンテンツを発掘できたり、あるいははてなブックマークで紹介される機会が増えたり、などとはてな以外のブロガーにとっての可能性もある。

ベータ版が既に公開されているので、ちょっと見てみたのだが、良い感じだ。
当方としては、ブックマークのカテゴリに「ビジネス」というのがあると、なお嬉しい。

なぜなら、このブログは経済に関するものでは無い一方、純粋に科学やITだけの話題について書くものでもない。それらの二つにまたがる当方のブログはクロス・メディアというか、セグメントごとのブログとして、より正確なカテゴリに入れてもらえることを期待したい。

ただ、一応上記のような要望のすべてが実装、実現されるとは思ってないので、あくまでもダメ元ということで。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい"へのトラックバックはまだありません。

"はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい"へのコメント

"はてなブックマークのホッテントリに入ってみたい"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •