OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か

テクノロジー・マーケティングの世界では、業界標準が重要な成功要因(=Critical Success Factor: CSF)となることが多い。
それは、業界団体などで参加企業がみな一緒になって策定した場合でも、あるいは規格が乱立ないし分裂したあとに各グループが規格争いを行った結果いわゆるデファクト標準(de-fact standard)として成立した場合でも同じだ。

また、その技術標準が消費者向けの製品で使用されている場合でも、あるいはある企業から他の企業への製品またはサービスでその技術が使われる場合でも、ほぼ同様に重要だと言えるだろう。

OpenCLも、そういった重要な業界標準の一つになりそうな気配だ。 

OpenCLは、パソコンのMacや携帯型音楽プレーヤーのiPod、そして最近はiPhoneのマーケティングが際立っているアップルが提案した、コンピュータ関連、特に汎用な並列処理プログラミング開発に関する技術規格である。

並列処理プログラミングという、極めて専門的な分野の規格であることを考えると、どちらかと言えば最終製品を買う一般消費者にはあまり直接の関係は無さそうだが、B2Bの観点で電機メーカーや企業なら注目していなければならない。

CPUやGPUなど半導体メーカー、ボードベンダー、メーカーなどの企業がこぞって標準化を進めている。
2008年12月19日現在、OpenCLの標準化参加企業、または製品などでサポートを表明している企業・団体は以下の通り:

  • アップル(Apple)
  • 3Dlabs
  • AMD
  • ARM(組込み機器むけプロセッサのIPコア・ベンダ、組込み業界の"インテル")
  • Codeplay
  • エリクソン(携帯電話の基地局メーカー、ソニーエリクソンはソニーとの合弁会社)
  • フリースケール・セミコンダクタ(半導体メーカー、元モトローラ)
  • Graphic Remedy
  • IBM
  • Imagination Technologies
  • インテル
  • ノキア (いわずと知れた、携帯電話の巨人)
  • モトローラ
  • NVIDIA
  • QNX
  • クアルコム(CDMA方式の携帯電話向け半導体プロセッサなど)
  • サムスン
  • Seaweed
  • ソニー・コンピュータ・エンターテインメント(Sony Computer Entertainment)
  • テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments: TI - GSMやUMTS方式の携帯電話用DSP)
  • ウメオ大学(スウェーデン)
  • アクティビジョン・ブリザード(ゲーム・パブリッシャー)
  • バルコ
  • ブロードコム(有力なファブレス半導体メーカー)
  • エレクトロニック・アーツ(ゲーム・パブリッシャー)
  • エイチアイ
  • ケストレル研究所
  • Movidia
  • RapidMind
  • TAKUMI
(Wikipedia および米Khronos社のOpenCLサイトより引用)

当初、このOpenCLはどちらかと言えば、HPC、つまり高い演算性能が必要とされる高度な科学技術計算がメインかとも思ったのだが、どうやらそれだけではない。 

参加している企業の顔ぶれを見ると、パソコンやグラフィック処理以外でも、エンターテインメント、携帯電話、組込み機器、などでも幅広く OpenCL が採用される可能性が高いと考えられる。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か"へのトラックバックはまだありません。

"OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か"へのコメント

"OpenCL:並列処理の業界標準が誕生か"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •