RSSはまだ大して普及していないが・・・
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

RSSはまだ大して普及していないが・・・

RSS (バージョンにより、Rich Site Summary または Really Simple Syndication)フィードは当方では、ブログやニュースサイトなどからの情報収集に Google Reader で毎日のように活用している。

また、このブログを始めとして運営・管理しているいくつかのサイトでも Movable Type や Wordpress あるいは、各ブログ・サービスの提供する管理ツールで RSSフィードの生成機能はデフォルトで付属しているため、ブログ更新時に意識しなくても、新しい記事を追加すれば(もちろんこの記事もそうだが)必ずRSSフィードを通じてサイトの更新情報が配信される。

とまぁ、当方ではこんな感じでかなりRSSフィードを使い倒していると思うが、仕事やプライベートでも周りを見てみると RSSリーダーもブログも使っていない方ばかりだと、「ん?RSSって何?」みたいな反応が帰って来るワケだ。 ということで、キャズム的な脈絡では、明らかにRSSの現状は、キャズムどころか、Early Adopter レベルの人々にまで普及しているとは感じられないと思っていた。

そんな訳で、ネットで RSS の普及状況など調べてみると・・・

次のブログに比較的新しく参考になる情報があった:

 RSSフィードの普及率は約1割止まり,リーダー利用はニッチだが情報流通には必須 (メディア・パブ 2008/10/23)

このブログ記事によれば、アメリカのインターネット・ユーザの場合11%、大雑把にはネット人口の1割がRSSを使っているということだ。

日本でも1割も行っていれば良い方だろう。 ヘタをすると、5%程度しかいないかもしれない。

やはり、ネットマーケッターとか、ネットビジネスに手を染めているような、情報感度の高い人達がツールというのが現状のRSSのポジションということになりそうだ。

ときに、当方自身のブログでもいったいどの程度のネットユーザーの人達がRSSリーダーで購読してくれているのかを調べたくて、それがどうやったら分かるのかしばらく思案していた。

それが、灯台下暗しというか、実は結構簡単にRSSフィードの購読者数のデータを知ることができる手があった。
そう、 RSSフィードからの情報収集に使っている Google リーダーの機能を利用するやり方だ。

手順は簡単:

  1. Google Reader で向かって左側のメニュー、Google Reader ロゴの真下にある[登録フィードを追加]のボタン(リンク)をクリック
  2. フィードファインダーが立ち上がるので、RSSフィードの購読者数を知りたいブログやサイトのキーワードを入力
  3. このキーワード検索の結果に対象のブログやサイトのURLと購読者数が一覧表示されるので、その中から探す

以上、簡単な3ステップで、ブログやニュースサイトなどの購読者の概数がわかる。

そうやって、自分のブログの購読者数を調べてみると、英語学習のブログは少々購読者がいたがまだまだ少ない。
最近、少し更新をサボっているので仕方がない。w
そして、PageRank の上昇をきっかけに更新を再開したこのブログ、残念ながらまだ購読者がほとんどいない・・・


というわけで、このブログの情報が訳に立つと思われる方は、是非RSSフィード (RSS 1.0/RDF)を Google リーダーなどRSSリーダーで登録して、更新されたら閲覧頂ければ幸いです。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"RSSはまだ大して普及していないが・・・"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"RSSはまだ大して普及していないが・・・"へのトラックバックはまだありません。

"RSSはまだ大して普及していないが・・・"へのコメント

"RSSはまだ大して普及していないが・・・"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •