ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?

国内半導体大手の一社、ルネサステクノロジについての、今朝の日刊工業新聞の一面トップの記事:

ルネサステクノロジという社名は、半導体にあまり関係の無い方にはなじみのないものかもしれない。
簡単に言うと、日立製作所の半導体事業でDRAM(メモリ)以外の事業部門がスピンアウト、同様に三菱電機の半導体部門と合併させて作られた半導体の専業会社だ。

これは、日本の半導体産業、特にDRAM事業が、韓国のサムスンや米マイクロン・テクノロジーなどとの競争に悉く敗れた結果として起こった一連の業界再編による動きである。

ちなみに、DRAM事業も日立本体から切り離され、そちらの方は日本電気(NEC)のDRAM事業と合併し、「エルピーダメモリ」という会社に生まれ変わった。

そちらは、会社の設立当時、両社ともDRAM事業が大幅な赤字だったため、どちらにも社長候補者がいない事態となり、半導体業界を挙げて経営者探しをした結果、外資系半導体メーカー出身の坂本幸雄氏を三顧の礼と坂本氏の経営方針には一切口を出さないという条件付で迎え入れた。

結果は業界の方ならご存知と思うが、それまでほとんど死に体だった日立とNECのDRAM事業が奇跡的なV字回復を遂げ、東証一部に上場するまでに成長。 
経営(者)によって同じ技術やビジネスが、大赤字にも儲かる会社にもなる、という良い見本になっている。

(この辺の経緯は、NHKのプロフェッショナル・仕事の流儀で坂本社長の出た放送分でご覧になった方も多いかもしれない。)

さて、ちょっと逸れたので、ルネサスの話に戻る。

国内の垂直統合型電機・半導体メーカー、いわゆるIDM(Integrated Device Manufacturer)では、ソニーが既に自社の半導体事業の製造工場や拠点の縮小を実行に移しており、プレイステーションの心臓部となっている Emotion Engine や Cell Broadband Engine の開発、製造で関係の深い東芝(セミコンダクター社)に売却するなどの動きは半導体業界の関係者ならご存知と思う。

今日のこのルネサスの先端半導体製品の製造を台湾TSMCに委託というのも、基本的には同じ流れに沿うもの。
半導体事業で稼ぎ頭となる製品が無かったり弱かったりする収益性の低い会社は、製造プロセスの微細化、大口径化などで設備投資額が巨額になった昨今、その投資負担に耐え切れなくなってきている。

選択と集中の進んだ外資系の大手半導体メーカー、例えばインテルならパソコン用のCPUチップ、テキサス・インスツルメンツなら携帯電話用のDSPとアナログのチップ、と言う感じで、利益率の高い半導体専業メーカーには必ず稼ぎ頭で安定した収益をたたき出す、マーケティングやビジネス戦略のBCGマトリクスで言う「スター(star)」や「金のなる木(cash cow)」製品の事業を持っている。

日本の半導体メーカーには、残念ながらそういった選択と集中の結果獲得した「十八番」があまり無いのが現状だ。 
今さら、当方がここで指摘するまでもなく、半導体メーカー各社の経営陣の方々なら良くお分かりの話ではあるが。

その一方で、儲かる分野の特定用途向けのASSP半導体製品は、シリコンバレーや台湾のファブレス・メーカー(研究開発と設計だけを行い、製造工場を持たないビジネスモデルの会社)と台湾、中国などの専業・大手のファウンダリ・メーカー(今回登場したTSMCやUMC、中国SMIC、シンガポールのChartered Semiconductor Manufacturing Ltd.など、ファブレスとは逆に、半導体の設計を原則として行わず製造だけに特化したビジネスモデルの会社)が、日本のメーカーよりもスピードの早い経営で協業、製造して販売する、という構図が出来上がっている。

この辺のグローバルな半導体の業界構造を分かりやすく大昔の「白亜紀」に例えると、たとえばこんな↓感じだ:

  • ブロントザウルスやティラノサウルスなどの大型恐竜 = 国内の半導体メーカー
  • 恐竜や始祖鳥から進化した鳥類 = 台湾や中国などの半導体ファウンダリ専業メーカー
  • 弱いが小さくてすばしっこい哺乳類 = シリコンバレーや台湾のファブレス半導体メーカー

恐竜の写真こんな例えを書けば、当方の言いたいことは大方お分かり頂けるのではないかと思う。
早く鳥類なり哺乳類なりに進化しないと、図体がでかくて動きの鈍い恐竜には絶滅あるのみということ(右の写真みたいに・・・w)。


国内半導体業界の最近の課題については、日経BP社TechOnで一年半ほど前に既に掲載された記事(「国内論理LSIメーカーの取るべき道は:Asia Innovation Initiative報告」)などもあり、この件に興味のある方にはそちらも参照頂きたい。

要するに、もうこの業界ではずっと言われ続けていた、ビジネスモデルの変革、事業構造の改善にルネサスもやっと思い腰を上げて動き出したのか、ということだ。

しかし、上記TechOnの関連記事にも書いてある「日の丸ファウンダリ」構想がすったもんだの挙句に頓挫し、結局は台湾のファウンダリ専業大手TSMCに委託することになるというのは、どう考えてもまずい事業経営の結果にしか思えない。 

どうせファウンダリ専業メーカーに委託するのなら、もっと前にさっさと委託して、その分の技術開発リソースをもっと付加価値の高いルネサスが自社でなければできない研究開発とか国際展開とかに充てていれば、収益も現在より上がっていたかも知れない。
(たら・ればを言っても仕方がないことではあるが。)


以前、日立出身のある技術者の方と同じ会社にいたことがあるのだが、彼も日立の半導体事業の意思決定のスピードの遅さ、判断の不正確さ、ついでに「内弁慶」さ(SHマイコンの事業化で)を嘆いていたことを今でも思い出す。
この件で、その彼の言っていたことをまたも脳裏に思い浮かべることとなった。

批判めいたことばかり書いたが、日本の電機メーカーにはもっと頑張って欲しい、と同じ日本人として思うからである。
(それに、じゃあ、文句ばっかり言うお前にできるのか、と言われても困るかも・・・ f(^-^);;;)


今回のルネサスの意思決定が "too little, too late" (少なすぎ、遅すぎ)にならなければ良いと切に願う。
 
写真: Field Museum #3 - Thanks to hibino-san
  


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?"へのトラックバックはまだありません。

"ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?"へのコメント

"ルネサス、お前もか!〜IDMファブレス化の流れ止まらず?"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •