メールでのマーケティングが廃れた理由
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

メールでのマーケティングが廃れた理由

電子メールやメールマガジンを活用したマーケティングが一頃ほどの威力を発揮しなくなって久しい。


もちろん、顧客との間にしっかりと信頼関係が成り立っている企業やビジネスならば、ここに書いてあるようなことはあまり当てはまらないかもしれない。

だが、新しく顧客を獲得してメールで信頼関係(リレーションシップ)を構築しつつも売上げや利益を上げていくことは以前に較べれば格段に難しくなっていると思う。いわゆる、パーミッション・マーケティングだ。

メールでのマーケティングが効果を発揮できなくなった大きな理由は、検索エンジンの浸透・普及と、スパム・メールあるいは迷惑メールの流行だ。

まず、検索エンジンの浸透・普及については、いまさらここで書くまでも無いと思う。
今や何か調べものをしようと思えば、パソコンとインターネットで、若いユーザならケータイ(i-mode、EZ-Webなど)で調べるのが当たり前になった。

テレビや新聞、雑誌、それに電車や街中の公告などでも、「○○○」[検索]とか、詳しくはインターネットで、みたいな感じでウェッブでの情報提供でじっくりと商品やサービスの紹介を行うなんてマーケティング・ミックスもごく当たり前のプロモーション手法となった感がある。

こうなってくると、顧客側がある企業に対してよほどの信頼や愛着、あるいは特定の担当者との継続的な人間関係などが無い限り、ネットで探して一番価格が安い所や、一番条件の良いショップを探すということが普通となり、その結果、新しい業者のメールマガジンなどを購読する理由があまり無いからだ。

もちろん、個人的にブランド資産が構築できている人が経営する会社やブランド力のあるビジネス自体はその点有利だ。それだけで、メールマガジンなどを購読させる強い動機付けがあるからである。

逆に、メールによるマーケティングが効力を以前ほど発揮しなくなったより直接的な理由は迷惑メールが一部の心無い業者や会社によって濫用されてしまったからだ。

忙しいネットユーザとしては、迷惑メールや信頼関係の無い会社からの売り込みばかりのメールなどをいちいち読むヒマは無いから、そういうメールは件名を見ただけでゴミ箱行きとなる。

件名やメール本文などに智恵を絞り、相当に手間隙と労力を掛けて準備をしなければ、まったく受信した相手には読んでもらえなくなってしまったのだ。 
さらに、個人情報保護法や特定商取引法で認められた範囲内の手続きや方法でなければ違法となり処罰されてしまうリスクもあるから大変な世の中になったものだと思う。

いや、それだけの苦労をして書いて送ったものでも、相手との間に信頼関係が成り立っていなければ、ゴミ箱直行とまではいかなくてもきちんと読んでもらえて、こちらの期待する行動を取ってもらうことが出来ないことも多いというのが現状だ。

ただ、逆に言えば、上にも述べたように受信する側の信頼を勝ち得ている人や企業が送信するメールによるマーケティングは今でも十分に有効である。 そういうビジネスはほとんどお金をかけずに安定した収益を上げることが出来るわけで、現在のような大変な経済状況でも困ることは無いだろう。

ちなみに、当方で最近携帯電話のメールに相当性質(タチ)の悪い迷惑メールが送信されてくるという出来事があった。 色々と対策を講じたので、幸いほとんどその迷惑メールを遮断できるに至ったのだが、かなり面倒な設定や作業を強いられたのは事実だ。。。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"メールでのマーケティングが廃れた理由"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"メールでのマーケティングが廃れた理由"へのトラックバックはまだありません。

"メールでのマーケティングが廃れた理由"へのコメント

"メールでのマーケティングが廃れた理由"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •