参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認

まだ絶対的なアクセス数は少ないものの、連日更新していることもあってか、このブログへのアクセス数もぼちぼちと伸びつつある。

一応、今年の目標としてはこのブログで最低でも一日当り1000PVを達成したいと決めた。
と言う訳で、一に更新、二に更新、三、四が戦略、五に更新、ってな感じで、とにかくコンテンツの量を増やしているところだ。(もちろん、この記事もそのコンテンツ拡充策の一環となっている。)

さて、それでアクセス解析なども当然行っている訳だが、その解析結果を見ているとある特定のリンク先からかなりの割合のアクセスが来ている。

そこで、その参照元になっているサイトではどんな感じでリンクが張られているのかな、と思い見に行ってみると、あれ??当サイト/ブログへのリンクが無い・・・ ん???どうなってるんじゃ?

アクセス数はそれなりに来ているのだが、何だかどのアクセスを見てもどうもヘンなのだ。
具体的には、以下のような特徴がある:

  • どのアクセスもそのSEO関連のウェッブサイトから来ている
  • しかし、上述のとおり参照元ページ上に当ブログへのリンクは無い
  • すべて新潟県のある地域からのアクセス
  • 各アクセスのIDはバラバラなのに、ホスト名は*****.p-niigata.nttpc.ne.jp (念のため一部は伏字)
  • 閲覧時間は判で押したようにゼロ秒

そのウェッブサイトの作りもなんだか妙で、コンテンツがほとんどないのだが、「SEOに次ぐ集客方法が発明された」とか、「コンテンツを作る必要はありません」、「検索エンジンからのペナルティはありません」、「無料」などと何だか調子の良い胡散臭いことばかり(しかも、それが全部テキストではなく画像ファイルの文字で)書かれている。

うーん、前にこんな感じの作りのページを見たことがあるなー、そう言えばあのサイトもなんかこんな感じで画像データを故意に使ってたなー、などと思いつつ、Googleで検索して調べてみると、ふーん、なるほどね〜という情報が見つかった:

 アクセス解析やアクセスランキングを狙った参照元(リファラー)スパムにご用心

うーん、こういうの参照元スパムというのかぁ・・・なるほどなぁ。

ということで、当然こちらのメールアドレスなどは残さずに出鱈目のメールアドレスをそのホームページに入力してどんな反応があるのかを見てみた。

当然、こちらのメールアドレスでは無いので、何が送られたのまでは分からないが、IPアドレス/ドメイン検索でくだんのホームページのURLを確認してみると、・・・ビンゴ! やっぱり、新潟在住で見覚えのある、ある情報起業家の名前が出てきた。 なんだ、こいつが仕掛けたリファラー・スパムだったのか、みたいな。

もしかして、こいつが売ろうとしてるのが、まさにそのリファラー・スパムのためのソフトウェアか何かかも・・・

せっかくアクセスが増えてきたと思って喜んでたのに、その何割かがスパマーのアクセスだったというのが少し残念・・・orz
いや、こんなことでメゲていてはダメだ。 まだ今年は始まったばかりなのだ。 頑張るぞ。。。
(と言う訳で、スパムまでもブログのネタにしてしまう、転んでもタダでは起きない俺であった。) 
 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認"へのトラックバックはまだありません。

"参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認"へのコメント

"参照元(リファラー)スパムらしきアクセスを確認"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •