VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速

フォルクスワーゲン東芝が、電気自動車を共同で開発すると発表した。

これまで、欧州ではハイブリッド車や電気自動車よりもディーゼル・エンジンでの低公害化を目指す、いわゆる「クリーン・ディーゼル」技術の開発が主流だった。

それが、内燃機関ベースのクリーン・ディーゼルでは、欧州の厳しい環境規制を期限までにクリアすることが困難だと判断したのか、最近になって欧州の自動車メーカーが電気自動車の開発や実証実験を行うケースが増えつつあったと感じていた。 例えば、ダイムラーによるSmart電気自動車の実証実験や、BMWのMini-Eのリース販売などだ。

そこに今回の発表により、自動車メーカーとして世界第5位のフォルクスワーゲンが、東芝の支援によりついに電気自動車の本格的な開発に参入すると言う宣言を行ったものだ。

当方としての興味は以下のような点にある:

フォルクスワーゲンのハイブリッド車への東芝パワートレインの展開可能性

今回の共同開発合意では、VWと東芝は電気自動車の開発を共同で行うとされている。
VWは、傘下の高級車部門であるアウディでは、三洋電機とハイブリッド車向けリチウムイオン電池を共同開発している。

では、VWがハイブリッド車を出すとした場合、アウディ+三洋電機のパワートレインとなるのか、それとも電気自動車向けといいつつ、東芝との開発成果をハイブリッドにも転用するのか?

もちろん、究極的には純粋な電気自動車の開発と製造にまで達するだろうから、その暁には東芝と共同開発した100% EV用のパワートレインが搭載されるのだろうが、それまでに出すクルマでもハイブリッド化したものを出すとしたらどうなるのだ、ということである。


東芝製 "E-パワートレイン"の真価は?

東芝は、これまでにも日野自動車のトラックや米フォード(アイシンAW経由で)のSUV向けなどにハイブリッド車用パワートレインを開発、提供してきた実績があったが、電気自動車については今回のVWとの提携が初めての大きな動きだ。

電気自動車と言えば、モーター、IGBTインバータ、リチウムイオン電池がEVパワートレインの三種の神器だが、
現在、電気自動車の成功というか普及のカギを握っているのが、リチウムイオン電池である。

東芝は、このリチウムイオン電池も独自のものを開発、提供しており、これは、出力電圧が3.6Vの他の従来品と比べるとやや低く2.4Vとなっている。(商品名は SCiB

その代わりに、急速充電が出来る、寒冷地での使用も実用的、ショートなどを起こした時の安全性が高い、超寿命、などといったこれまでのリチウムイオン電池では実用上クルマには使いにくかったという課題をクリアしている強みをアピールしている。

フォルクスワーゲンも、モータやインバータなどの実績もさることながら、リチウムイオン電池の技術的な長所を評価して東芝とEV共同開発の合意に至ったのだろう。 (海外で評価、採用されたことで、国内自動車メーカーでも東芝製パワートレインを採用するところも出てくるかもしれない。)

いずれにしても、フォルクスワーゲンと東芝による電気自動車(もしかするとハイブリッド車?)の試作車、またはコンセプト車のお披露目が待ち遠しいのは、きっと当方だけでは無いはずだ。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速"へのトラックバックはまだありません。

"VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速"へのコメント

"VW-東芝連合で、欧州も電気自動車(EV)実用化が加速"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •