かながわEVフェスタ2009 レポート (2)
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

かながわEVフェスタ2009 レポート (2)

横浜港郵便局のEV集配車さて、i MiEVミニパトのお隣は、「スバル プラグイン ステラ コンセプト」で、これは横浜港郵便局が実証試験で使用しているものだ。

スバル/富士重工も、電気自動車の市場投入では、三菱自動車と先を競い合っている状況だが、いずれも軽自動車でのEV発売で、一充電走行距離もやや三菱i MiEVが勝るという以外にはそれほど性能面での遜色は無いと思う。

あとは、車体のデザインやメーカーの好みということになるだろうか。
三菱自工の i MiEV が丸みを帯びたカワイイ感じのボディデザインなのに対して、スバル プラグインステラの方は角ばった少し硬派な感じのボディなので、この辺のテイストがEVの比較で大きなポイントになるのかもしれない。

郵便局のソーラーパネル搭載型EV集配車なお、本日EVフェスタでおいてあった郵便局の展示車両には、写真のようにワンボックス型のEVでルーフに太陽電池(ソーラーパネル)を取り付けた仕様のものもあった。 

ただ、以前EVを事業化中の企業の方に聞いた話によれば、自動車に搭載できる量の太陽電池だけでは、せいぜいカーステレオやエアコンの補助程度が限度で、長距離の走行に使える電力を賄うには全然足りないそうだ。

よくソーラーカー・レースなんてイベントが世界のあちこちで行われているので、太陽電池を電気自動車に積めば簡単じゃないか、などと素人考えをしていたのだが、そんなに簡単ではないのである。 

結局、現実的な解は、現在よりもっとエネルギー密度と出力密度が高い二次電池をなんとかして低コストで開発し、それを家庭や各施設で充電するというのが最も可能性として高いということだ。
もちろん、太陽電池の光電変換効率が劇的に向上する技術が開発されれば、その太陽電池を使用すれば良い。

なお、郵便や宅配業者などの運送事業者では、街中での発進停車や信号待ちなどが多い中での車両の走行シーンが多い。 
こういう状況は、実はガソリンエンジンが一番効率が悪く、電気で駆動でき低速でもトルクのあるモーターの方がエネルギー効率が格段に良いのだ。

郵便事業の環境対応車両導入についての説明パネルそういう意味では、車両のハイブリッド化や電動車両化は燃料費の削減やCO2低減にHEVやEVを導入することにはかなり大きなインパクトがあるはずで、郵便事業がハイブリッド車の導入や電気自動車の実証試験に協力的なのはそういうメリットを認識してのことなのだろう。

ただ、課題はやはり一充電走行距離が通常のガソリン車に比べるとまだ短いことだ。
このパネルの写真にも記載されている通り現時点ではまだフルに充電しても100Km程度しか走行できない。
(電池は多分ニッケル水素電池?)

郵便事業のEVについての説明パネルということは、あちこちに急速充電する場所があるか、またはちょこちょこと乗り捨てと充電済みEV車両かバッテリーをピックアップして使えるような仕組み(イスラエルのベター・プレイス社のビジネスはこのような感じを目指しているはず)があるか、でなければ実用的には使えないということで、この辺をどのように解決していくかが、自動車メーカーやEV事業者にかかっている訳だ。

ただ、現在電気自動車やプラグイン・ハイブリッド車用に開発が進められている本命のリチウムイオン電池やリチウムイオン・キャパシタの分野では、既に使えるようになりつつある自動車用電池の改善や新しい技術の研究が進められているので、やがてはガソリン車と同じ程度の実用性を実現できるだろうと思う。   EVフェスタ・レポート (3) に続く・・・  

このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"かながわEVフェスタ2009 レポート (2)"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"かながわEVフェスタ2009 レポート (2)"へのトラックバックはまだありません。

"かながわEVフェスタ2009 レポート (2)"へのコメント

"かながわEVフェスタ2009 レポート (2)"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •