ブラウザFirefox のシェアが100%!?
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

ブラウザFirefox のシェアが100%!?

ブラウザFirefox のシェアが100%というニュースを Digg 経由で見た。
しかし、アメリカや欧州、日本などの話ではなく、なんと南極での話w。

このブラウザのシェアのデータの大元は、StatCounter 社の GlobalStat というサイトにある。

(グラフの下、真ん中にある"Country/Region:"ドロップダウンリストで"Antarctica"というのが南極、それ以外は Asia, Europe, North America など適宜選択して見て下さい。)

そちらでは、Flash でブラウザの世界市場シェア統計を見ることができるのだが、この南極のブラウザシェアはともかくとして、全体的にまだまだマイクロソフトのインターネット・エクスプローラ(MSIE)が過半ではあるものの、欧州などFirefoxが4割に近いシェアを獲得するにいたるなど、大変興味深い。

Firefox のシェア増加は今後も続く

ちなみに、Firefox のシェアというか、割合が増加してきていることは確かだ。

つい一つ前に Google Analytics によるアクセス解析に関するブログ記事を書いたが、当方でもアクセス解析を行っていると、当然ながらネットユーザがどのブラウザを使っているかも、時には確認する。

やはり、パソコンのオペレーティング・システムに始めから搭載されているという強みから、MSIE が多いのは当然としても、最近の Firefox の健闘には目を見張るべきものがある。

ブラウザの内訳左側の円グラフは、当ブログサイト(テクニカルマーケティング研究会)における直近1ヶ月のアクセスを Google Analytics で解析した結果のうち、ユーザの使用ブラウザの内訳を示したものだ。

トップは当然 MSIEで約6割となっているが、Firefox ユーザも3割弱おり、Firefoxの前身であるネットスケープがブラウザ戦争で敗れ去り、その後しばらくの間 MSIE がネットのブラウザの9割以上のシェアを占めていた時期もあったことを考えると、隔世の感があると思わずにはいられない。

念のために、それ以外のブラウザについても記しておくと、以下3位はアップルの Safari で 4.3%、4位がグーグルのChromeの3.3%、5位が Opera で 2.5%、以下はネットスケープやモジラの旧バージョンなどその他もろもろ。

やはり、このサイトでは扱うネタがネット・マーケティングや技術経営(ってほどかしこまって無いが・・・)ということもあり、情報リテラシーが平均的なネットユーザよりも高いことが推測される。

その結果、使用ブラウザの内訳もそれを反映して、お仕着せの MSIE から Firefox や Chrome に乗換え、ネットを情報収集の一手段として使いこなしているユーザ達の存在を示すものとなっているワケだ。

ちなみに、同様に当方が運営するサイトでも英語学習や洋楽の歌詞検索などのサイトでは MSIE の比率が高く、Firefox や Chrome の割合がもっと低い。 マックのユーザが一定の割合で存在し、洋楽とマックの相性が良いためか、それらのサイトでもSafari の割合はかなり高いのも興味深い点ではある。
 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"ブラウザFirefox のシェアが100%!?"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"ブラウザFirefox のシェアが100%!?"へのトラックバックはまだありません。

"ブラウザFirefox のシェアが100%!?"へのコメント

"ブラウザFirefox のシェアが100%!?"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •