Google Analytics IQテストに挑戦
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

Google Analytics IQテストに挑戦

グーグルが同社のアクセス解析ツール、Google Analytics検定試験を開始した:

 Google Analytics Individual Qualification

Google Analytics は、当方もこのブログをはじめあちこちで使っているが、まだすべての機能を使いこなしているとは言い難い(汗)。

ということで、これを機にもっと Google Analytics を勉強して使いこなすと同時に、それを契機にアクセス解析の結果を元にもっとアクセスを増やしたり、サイトからの収益を向上させたりすることを目指して、Google Analytics IQ検定試験に兆戦することに決めた。

受験料に$50が必要となるが、テストを受ける前に自習ができる教材がグーグルから無料で提供されているので、これで学習して検定試験に挑みたい。

この Google Analytics だが、以前は Urchin という名のツールでドイツだったかどこかのソフトウェア会社が開発して当然、商品として販売していたものだ。 これを何年か前にGoogleが買収し、登録さえしておけば誰でも無料で使えるようにしてしまったのである。
当時は、これはかなりの驚きをインターネット業界に与え、当初のユーザは無料ということで希望者が殺到、早々に締め切られてしまったことを今でも覚えている。

幸い、ほどなくユーザ登録が再開され、首尾よく Google Analytics を使い始めて、現在に至っている。

ちなみに、アクセス解析ソフトウェア(というか、今で言う SaaS だが)としては、Google Analytics ともう一つ、国内のネット業者が提供している Access Analyzer というアクセス解析との二種類を併用している。
(いずれも無料で使用できる。)

アクセス解析の機能としては、Google Analytics の方が Access Analyzerよりも概ね豊富で強力だ。
しかし、Google Analytics の方は、アクセス解析結果の集計にややタイムラグがあり、現時点での直近のアクセス解析結果を見ることが出来ない。

その点では、Access Analyzer の方が、例えば10分前の結果でもすぐに確認できるので、併用という形で落ち着いている。

ただ、何の為にアクセス解析をするかという目的を考えると、そんなに頻繁に検索キーワードやアクセス数をチェックする必要があるかと言われると、多分ノーなので、Google Analytics に一本化しても良いかな、とは考えている。 
(システムの安定性の面でも、Access Analyzer は時々ダウンして使えないことがある。)

ただ、可能性は低いもののもしGoogle Analytics が使えなくなったり、提供されなくなったりしたときのことを考えると、やはりバックアップ用に別のアクセス解析ツールもすぐに使える方が確実ではある。

そんな訳で、結局二つのアクセス解析を併用している・・・

いずれにしても、Google Analytics IQ の検定試験を受ける為に学習する内容と知識は、アクセスの解析だけでなく検索エンジン最適化、検索エンジンマーケティングなどに幅広く活用できるはずなので、楽しみながら学びたいと思う。

それにしても、検定試験って・・・ 資格試験の好きな日本人を当て込んでたりして・・・
(まだ英語版だけだけど、遅かれ早かれ日本語で受験できるようになる気がする。)
 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"Google Analytics IQテストに挑戦"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"Google Analytics IQテストに挑戦"へのトラックバックはまだありません。

"Google Analytics IQテストに挑戦"へのコメント

"Google Analytics IQテストに挑戦"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •