米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開

米Tesla Motorsからeメールでニュースが来たので読んでみると、セダンの電気自動車「Model S」の一般公開を始めたというお知らせ。

ちなみに、差出人は Tesla Motors 社の創立者/CEOの Elon Musk氏となっている
(と言っても、実際には多分代理の人が送信作業はしてるんだと思うが)。

おお、ついにテスラのセダンが発売か!?と思ったのだが、そのメールをよく読んでみると次のような一節が・・・:

・・・
Tesla expects to start Model S production in late 2011.
・・・

ん?? 今年って何年? 2009年だよな? え、モデルSの量産って2011年の遅い時期って、まだ二年半も先か?

Tesla、時間との戦いか?

上に貼り付けた YouTubeの動画でも 2011年に量産、発売とはっきりと言及している。
最近、自分ではクルマを保有していないし、すぐに買う予定も無いので、分からないのだが、新しく開発されたクルマを2年以上も前から予約受付するというのは、よくあることなのだろうか? アメリカならある話?

少なくとも日本じゃ、2年も先に量産される自動車の予約なんて受け付けるメーカー無かったよな・・・

で、ネットで色々と Tesla Model S の情報を調べてみると、どうやら資金繰りに苦労していて、売る前の車への予約金をもらうという自転車操業に近いような状況らしい。

EVスポーツカーとしてシリコンバレーやハリウッドの著名人が殺到した Roadster ですらもまだ受注したオーダーの半分も納車が終わっていなかったと思うが、さらに2年以上先に製造されるクルマの予約金を取る・・・

さらに、ロードスターを予約し手付金を払った人が、気が変わってお金の返却を頼んでも、反応が鈍くなかなかお金を返してくれないなどと言ったやり取りも掲示板で交わされているようだ。


ネットのクチコミは両刃の刃

Tesla Roadster に関しては、その価格が高いこともあり、普通の人ではなかなか手が出せないと思われるが、おそらく量産型として初めての電気自動車、創業者が成功したネット起業家、Google創業者やハリウッドの有名人が顧客に名を連ねる、など色々な話題に事欠かない。

このため、まだ出来たばかりのベンチャー企業でありながら、スポーツカーやエコカーに興味のある人に、そしてそれら著名人のファンやその他大勢にも、かなり知名度が高い存在だ。

しかし、こういうネガティブな情報は、いったん出始めると、ポジティブな情報以上の速さでネット上に知れ渡ることになる。
CEOのElon Musk氏がどのように事態を把握していて、良くない兆候をどのように収拾するのか、興味津々だ。

関連記事:


 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開"へのトラックバックはまだありません。

"米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開"へのコメント

"米Tesla (テスラ)、セダン型のModel S(プロトタイプ)を公開"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •