"インサイト潰し"に見るトヨタの品格とマーケティング戦略
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

"インサイト潰し"に見るトヨタの品格とマーケティング戦略

ホンダの新インサイトが目標販売数の月5,000台を大幅に超えた18,000台を記録したことで、ハイブリッド車の市場をほぼ独走状態にあった王者、トヨタが慌てたことは間違い無さそうだ。

ましてや、新車が世界中で売れなくなったこのご時世だ。 
手段を選ばず(と言っても、合法の範囲内ではあるんだろうけど)競合するインサイトを潰しに掛かったと巷で言われているのが、つい最近発表されたプリウスの新しい価格設定。 
ハイブリッド車市場、仁義なき戦いとでも言ったところか。

まず、トヨタは新モデルのプリウスを当初の予想より大幅に引き下げて205万円とした。
さらに、自動車業界では異例の奇策とまで言われている旧モデル(つまり現行の二世代目プリウス)を併売、それも新インサイトと同じ価格の約190万円(もしかしたら、同一の税込み189万円か)にするという。

トヨタのマーケティング戦略「インサイト潰し」は成功するか?

上述のような形で、トヨタがホンダの新インサイトの挑戦を受けて立ち、ハイブリッド車トップの地位をなりふり構わずに死守しようとしている。

果たして、トヨタが狙う「インサイト潰し」は成功するだろうか?

これは、まだ何とも言えないのだが、個人的にはハイブリッド車全体としての市場は拡大するだろうし、その中でインサイトもプリウスもそれぞれ売れていくのではないかと思う。

もちろん、今回のトヨタの値下げによって、ある程度のユーザは新インサイトに流れるところだったのが、やっぱりプリウスにしよう、とトヨタに引き止められる客も出てくるだろう。

しかし、同じハイブリッド車というカテゴリにはあるものの、プリウスとインサイトはハイブリッドの仕組みがかなり異なるクルマである。
トヨタのプリウスは、シリーズ・パラレル式、またはスプリット式のTHS(Toyota Hybrid System)、ホンダのインサイトは、ホンダIMA(Integrated Motor Assst)システムと呼ばれるパラレル式のハイブリッドである。 
構造はホンダIMAの方が、プリウスなどトヨタのTHSに較べて簡単だが、制御が複雑で重量も重くなるもののTHSの方がハイブリッドシステムとしては効率がやや良く燃費も幾分良いようだ。

当然、乗り心地や、走行感などもかなり違うのだ。
いずれもハイブリッド車なので、ガソリン無しでは絶対に走れないが、純粋なガソリン車に較べるとハイブリッド・パワートレーンのおかげで燃費が格段に良い。

だが、やや乱暴に言ってしまえば、プリウスはより電気自動車的、インサイトはよりガソリンエンジン駆動の普通のクルマ的と言うのが、乗り心地に関しては当らずとも遠からずでは無いかと思っている。

(と言っても、この辺は当方自身が両者を乗り較べた訳ではないので、あくまでも他の方のブログ記事やニュースなどから読み取ったものだけだが。近いうちに、プリウス、インサイトどちらも運転してみようと考えている。)

それに、クルマというのは、地方などで完全に足代わりとなっている場合(その需要も無視できないが)を除くと、かなり趣味性の高いもので、価格や燃費だけではなく、デザイン、上述の乗り心地とか走行感、それにメーカーに対する好みまで含めた上で実際の購入を決める客もかなり多いのではないか。


トヨタの品格を憂う

実際の自動車ディーラーの販売現場では、こういった面倒くさい事情とか難しい技術なんて気にもしない客もいるだろう。 
どちらもハイブリッド車、180万円台です、カタログ上の燃費はこっちが良いです、走りはこちらの方が普通のクルマに近いです、なんて部分と、あとは見た目、場合によっては、ディーラーで対応してくれた営業マンの人柄なども含めて客はどちらかに決めることになる。

で、先ほど書いたように、メーカーの品格なんてことも、ひょっとすると顧客の購買プロセスで意外に大きなウェイトを占めることもあるのではないだろうか。

なぜなら、今日び、お年を召したネットを使わない(使えない)高齢者の方はともかくとして、当方を含めて中年よりも若い世代なら、クルマを買うと決めたときに何をするかと言えば、ネットで詳細な製品情報、クチコミ、噂などを調べるからだ。

実際に、当方と同じように今回のトヨタの「インサイト潰し」的な値下げに対して嫌悪感を持っている方々はかなりいるのではないかと感じている。

これに似たトヨタのえげつなさは、以前感じたことがある。
年金問題などでのマスコミによる厚労省批判に対して、同社の相談役で厚生労働省懇談会の奥田碩氏が、「何か報復でもしてやろうか」と広告の引き上げを示唆したときだ。

業界トップの地位、または責任ある立場ということを自覚していれば、逆にこういった言動は出てこないように思う。
逆に、権力や市場シェア・トップ、資金力と言ったエスタブリッシュメントの強みを恫喝の道具に使うのは、公の企業としてはいかがなものかと思うのだ。

こういった事情まで情報として知りえてしまうと、いくらプリウスが魅力的であっても、そういった社会的責任感の会社の商品だからなぁ・・・と、かなり天邪鬼の当方などは考えてしまう。
ましてや、当方は元々pro-Hondaのホンダ・ファンである。(笑)

個人的には、トヨタはここまで露骨に新インサイト潰しに固執しなくても、営業努力でも新モデルのプリウスの商品性ならばそれなりに新インサイトに対抗できるのではないかと思う。
ブログ検索やYahoo!などのレビューでインサイトへの反応を読めば、インサイトの課題も分かる。

(ちなみに、当方は以前の記事でインサイトのタクシー云々ということを書いたのだが、これは車両のデザイン、サイズから実際には不可能だそうだ。
ということで、レンタカーはOKだが、少なくともタクシー用車両の市場でインサイトは売れないということが分かった。)

逆に、もっと穿った見方をすれば、この一連の「インサイト潰し」はトヨタの深謀遠慮で、旧モデル併売と見せかけて実は、新プリウスへ客を誘導するための導線ではないか、ということも考えられる。
(プリウスの旧モデルと新モデルの価格差が20万円ちょっとで、実質的に新モデルの方のハイブリッド・システムのほとんどが新設計になっていることを考えれば、凄く安くなっていることは間違いないわけだから。)

トヨタには、ハイブリッド車を世界全体で100万台以上販売した実績と誇り、それにトヨタ自身の持つブランド資産があるのだから、それを今回のような品格の無い対抗値下げなどで傷つけるのは、少しもったいないと思うのだが、どうだろうか。
 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

""インサイト潰し"に見るトヨタの品格とマーケティング戦略"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

""インサイト潰し"に見るトヨタの品格とマーケティング戦略"へのトラックバックはまだありません。

""インサイト潰し"に見るトヨタの品格とマーケティング戦略"へのコメント

備忘録:
ホンダ、インサイト受注2万台超 新型ハイブリッド車 (3/23)

ホンダは25日、2月6日に発売した新型ハイブリッド車「インサイト」の累計受注台数が今月23日に2万1000台を超えたことを明らかにした。・・・(共同通信)

  •  [TypeKey Profile Page] afnfan
  • 2009年03月26日 00:48

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •