さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学


「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」は、書名の副題にもある通り、マーケティングというよりは会計学についての本だ。

しかし、この本にはマーケティングのエッセンスが多分に含まれていることが分かったので、このブログでもご紹介することにした。

勝間和代さんの本と同様に、この本の著者である山田真哉さんも非常にマーケティング・センスのある方だということがこのような本を上梓されたことで分かる。

もちろん、出版社(光文社)の編集担当者の方の力量もあるのだと推察するが、著者に売れる本のコンテンツを発想したり、執筆したりする力が無ければ、ヒット作となる本が生まれることは無いからだ。

普段の我々・現代の平均的な日本人であれば、さおだけ屋の商売や儲かってるか、潰れそうかなどといったことなどに思いを馳せることなど、ほとんど皆無だと思う。しかし、そんなさおだけ屋のビジネスについて、それがなぜ潰れずに現在でも存在して、時おり「さおや〜、さお竹〜」という声を聞くことがあるのかと問いかけられると、「さ〜、なぜなんですかね〜?」となるだろう。

そんな素朴な疑問が書名となっている訳だが、これは非常に興味をそそられる。
書名として、ヒット作の条件をまず満たしているのだ。 (つまり、書名自体がマーケティングの好例)

マーケティング本では無いがお奨めする理由の二点目は、会計学はビジネスをする人間にとって無くてはならないものということもある。

つまり、マーケティング≒ビジネスの仕組みを構築すること、という視点で考えた時に、ビジネスという以上、モノやサービスを売って、利益をあげなければならないのだが、その利益の出し方の原則は大きく分けて二つ。その二つを挙げることができますか?

もし、利益の出し方の基本的な方法二つをすぐに答えられない方は、この本を読むことを検討する方が良いだろう。
マーケティング(≒ビジネスの仕組み作り)には、「国語」の側面と「算数」の側面があるのだ。

個人的には、当方自身理工系だったこともあり、会計学など若い頃に学んだことは無かったし、学ぼうなどと思ったことさえなかった。
しかし、技術者としてのキャリアに見切りをつけ、ビジネスでの成功を志すことを決めたときに、会計学を学ぶ必要性を痛感したことは事実だし、実際にその後学校に戻って経理会計(financial accounting)と管理会計(managerial accounting)を学んだことは有意義だったと思っている。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」をマーケッターが読むべき最後の理由、そしてこれが一番お奨めしたい点とも言えるかもしれないが、それは本書のエピソード7“数字に弱くても「数字のセンス」があればいい”である。

この章には、ある有名な企業が実際に実施したマーケティング・キャンペーンの例が出てくる。
そのキャンペーンにおける数字のセンスを山田氏は論じているのだが、これはマーケッターとしては、是非とも理解しておきたい事例だと思った。

山田氏は、会計学における「数字のセンス」という視点(マーケティングを掛けられる方の立場)で、この例を論じているのだが、当方のようにマーケティング関連の仕事を行う者からすると、こういった事例を研究し、仕事に活用、応用することは非常に重要だ。

ネタバレになるので、これ以上の詳細についての言及は差し控えるが、簡単に言えば、「国語」の力と同時に「数字のセンス」を鍛えることで、いかに費用対効果の高い集客や販売促進を行うことができるかが決まるということだ。


アマゾンでも、この本にはたくさん(400以上!)のレビューコメントが付いており、その平均は星4つ、概ね良い評価となっていることが分かる。

中にはかなり厳しい意見の方もいるが、当方は書名にもなっている「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」から始まるすべてのエピソードを興味深く読むことができた。
マーケティング(つまり、ビジネスの仕組み作り)では数字(経理・会計学)のセンスも必要・重要という当方の意見に同意される技術者の方、経営者の方には、容易に読める本でもあるので一度通読しておくことを是非お奨めしたい。

アマゾンでレビューをチェック → さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
  


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"さおだけ屋はなぜ潰れないのか?"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"さおだけ屋はなぜ潰れないのか?"へのトラックバックはまだありません。

"さおだけ屋はなぜ潰れないのか?"へのコメント

"さおだけ屋はなぜ潰れないのか?"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •