Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)

ポーケン(Poken)というガジェットが、新しい物好きなネットユーザやブロガーの人達の間でちょっとした人気を集めている。

これ、簡単に言うと名刺交換を電子的に行うためのデジタル名刺とでもいうべきものでヨーロッパ(スイス)生まれのデバイスだ。

まぁ、名刺と言うといかにも営業というかビジネスと言う感じだが、ポーケンの見た目はちょっとしたアクセサリーかオモチャにしか見えない。

このポーケン、使い方はとても簡単だ。

各キャラクターのポーケンの手同士を「ハイファイブ!」もとい「ハイフォー!」(指が4本だから)と叫んで(別に叫ぶのは必須ではないが・・・)、タッチさせるだけ。

すると、互いのポーケンのメモリに入っている個人データがやり取りされて、名刺交換と同じような情報のやり取りが出来るという訳。

正確には、個人データというよりも各ポーケン固有の識別番号がやり取りされ、その識別番号と紐付けするSNSやブログのURL、メールアドレスなどの情報のやり取りがUSBで接続したパソコンとインターネットを介して完了するという仕組みだ。

仕事などでお世話になっているH氏から、「ハイタッチやりましょう!」というお誘いを頂いている。

値段もそれほど高いものでもないので、買うのは構わないのだが、年甲斐もなくこんなものを・・・みたいな声がどこからか聞こえてきそうで、少し躊躇しているのが本音(笑)。

で、躊躇するその理由は、やはりこれがケータイや電子メールのアドレスのように生活やビジネスに無くてはならないものになるか、まだ判断が付かないからだと思う。

少し難しい専門用語で言えば、ポーケンにはネットワークの外部性があるってことだ。

つまり、持ってる人同士では、便利になったりメリットがあったりするのだが、持ってない人が大半のうちは、あまりそのメリットや便利さが感じられないということだ。

ところが、普及し始めてどこかの時点で持ってる人の数が閾値を超えると、今度は普及の速度に加速度が付く。
気が付いたら世の中のほとんど誰もがそれを持ってる状況になってる、というのがネットワーク外部性の特徴だ。

そこで、じゃあ、どうしたらポーケンがキャズムを越えてブレイク、つまり(日本でも)大成功するのか、そのカギとなる成功要因(Key Success Factor)を考えてみた。
 


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)"へのトラックバックはまだありません。

"Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)"へのコメント

"Poken (ポーケン)がブレイクする成功要因(KSF)"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •