プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?

トヨタ プラグイン・ハイブリッド車(PHV版プリウス)日本経済新聞のサイトにトヨタプラグイン・ハイブリッド車量産計画についての記事が掲載されていた。

家庭充電型のハイブリッド車、トヨタが12年から量産

 トヨタ自動車は2012年から、現行のハイブリッド車より環境性能に優れ、家庭用電源で充電できる新型ハイブリッド車を量産する。パナソニックと開発中の大容量電池を搭載、初年度に2万〜3万台生産する。

量産は世界初。車両価格は400万円台に抑える。トヨタはハイブリッド車が当面、環境車の主軸になると判断。
新型車を投入し、世界規模で競争が激化する環境車市場の主導権を狙う。

<中略>
外部電源につなぎフルに充電すれば、電気モーターだけで現行のプリウスの10倍強の20〜30キロメートルを走行できる。

うーん、何かおかしくないか? このトヨタ・プラグインハイブリッド情報は本当か? ガセじゃないのか?

トヨタの量産型pHV車(多分pHVプリウス)情報は本当か

なぜそう思ったかというのは、その時期と価格だ。

ホンダの新インサイトが大ブレイクしたのに慌てて、三代目・新型プリウスでは”えげつない”とまで言われた「インサイト潰し」のようなマーケティング戦略を取っておきながら、そのプリウスをプラグイン・ハイブリッドに進化させたトヨタの本命エコカーを400万円を上回る価格でしか出さないのか? それも3年も後に。

ちなみに、新型プリウスのニッケル水素電池の容量は 1.3kWhである。
これで、EV走行が2km程度などと言われているのを、25Km程度までに引き上げると言う観測が、これまでのトヨタの技術者による学会発表などを基に出てきている。

2kmを25kmにする、ということは12倍位だ。
これを達成するためには、いまと同じニッケル水素電池だと10倍以上の量を積まないといけないので、それでは実現が不可能。

ということで、よりパワーのあるリチウムイオン電池の出番となる。
リチウムイオン電池なら、現行のニッケル水素電池のほぼ倍のエネルギー密度があるので、同じ重さの電池ならほぼ倍のEV走行ができることになる。

さらに、今の重量の倍程度のリチウムイオン電池を搭載することによって、4倍の距離、つまり8〜10km程度まではなんとかEV走行距離が伸びるということだ。

後は車体の軽量化だとか、パワートレインのチューニングとか色々とトヨタ得意のカイゼンを施して、20〜25kmのEV走行を実現、というのが自動車評論家とか業界ジャーナリストの方々の見解なのである。

実際に、アメリカのベンチャー企業が現行プリウスをプラグインハイブリッド化するキットなどというものを開発し、売り出しているという記事(@Response.jp)でも、こういった推測が当らずとも遠からずであることが分かる。

(PICC社サイトのFAQを見ると確かにNiMH(ニッケル水素電池)と書いてあるものの、やっぱりリチウムイオン電池じゃないの、と言う気はするが・・・)


さて、いよいよ、その問題の値段の話。

車載用リチウムイオン電池の現在の相場は、1kWh当りだいたい20万円と言われている。
上記の議論の電池量つまり、1.3×4=5.2kWh ということで、だいたい現行の新型プリウスの4〜5倍の容量の電池をリチウムイオン電池で代用するということは、20×5=100、つまり電池だけで100万円位の価格上昇になってしまう。

と、すると計算が合わない・・・
ん〜、200万円ちょっとのプリウスに5〜6kWh位のLiイオン電池積んで、300万円程度ってことじゃないのか。

もし今のリチウムイオン電池価格の相場で、400万円台というのが本当なら、電池容量は5kWhではなく10kWh位積むということになるはずだ。

うーん、本当か?

これまでトヨタがプリウスを改造してニッケルイオン電池を倍積んで行っていた実証実験では、やはり電池の重量としては、せいぜい今の倍程度を想定していたはず。

1.5Lか1.8Lのガソリンエンジンやトランスミッションやらを積み、さらにEV用の電池10kWh分とモーター、インバータを積みなんてやっていると、車重は1.5トンを超えてしまうんじゃないか。

腑に落ちない。。。


しかも、2012年といえばまだ3年も先の話だ。
今年中にフリートユーザ向けにプラグインハイブリッド車を先行販売しておいて、一般への販売は三年も先、しかも値段は今のプリウスの倍・・・

ありえなくないか? それとも、トヨタとパナソニックの合弁、パナソニックEVエナジーの製造するリチウムイオン電池は単価が現在の相場の倍するのだろうか?(それも3年後も同じ・・・? ンなワケ無いよな。)


それまでに、i MiEVや日産のEV、それにテスラのロードスターやモデルSといった魅力的なEVが日本で発売されることを考えると、2012年の段階で400万円以上もするプラグインハイブリッド車なんてのは、ちょっと無いんじゃないだろうか・・・


本当か、日経のガセか、今後のトヨタ・プラグインハイブリッド車関係の続報に引き続き注目である。


関連記事:
 → プリウスPHV(プラグインハイブリッド):500万円の理由 (12/11更新)


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?"へのトラックバックはまだありません。

"プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?"へのコメント

"プラグインハイブリッド(pHV)版プリウス情報の真偽は?"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •