Google のテレビCM
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

Google のテレビCM

グーグルがテレビでコマーシャルを始めたようだ。

今朝、仕事に出かける前にテレビを見ていたところ、下のYouTube動画のようなCMが流れたのを偶然見かけた:

何の前触れもなく、グーグルがいきなりテレビでCMを打つとは思えなかったので早速ググってみたところ、やはりこのCMのキャンペーンは「Google“さがそう。”キャンペーン」として予定されていたものだと分かった:

グーグルがネット検索の世界でトップシェアとなってから久しいが、"ガラパゴス"日本ではちょっと事情が違う。アメリカ本国ではグーグルに抜かれ巻き返しに懸命なヤフーが日本ではまだまだ圧倒的に強い訳だ。

そんな日本の検索市場を切り崩すのがこのマーケティング・キャンペーンの目的だと見ているが、その手段としてテレビ広告を選んだというのが興味深かった訳である。

広告やマーケティングを生業にしている方ならご存知と思うが、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌のいわゆる4大マスメディアはずっと広告におけるシェアを落とし続けている。
そのシェアを食っているのは、もちろんGoogleやYahoo!、アフィリエイト・プロバイダなどのインターネット広告、それに展示会などのセールス・プロモーション(SP)などだ。

長引く不況から、広告費を削減する企業が増えたため、またネット広告が効果測定が容易で費用対効果が高いから、などいくつかの理由はあるが、テレビ業界も長らく広告収入の減少に頭を痛めていたはず。そんな中のグーグルによる広告ということだ。

これ、テレビ局としては、広告主なので当然グーグル様様ということなんだろうけど、長い目で見たら結局、自分の首を絞めることになるのではないか、とも感じる。

もちろん、目先のグーグルの仮想的は Yahoo! Japan なのだろうが。

なぜなら、「みのもんたの朝ズバッ」と「はなまるマーケット」の間に放送されているCMということは、想定視聴者はたぶん主婦である。(それを見てる俺って・・・w)

もちろん、他の時間帯にもこのCMは放送されていると思うが、少なくとも俺がそのCMを見た時間帯から考える限り、日頃の検索サイトとして Yahoo! を良く使っていると思われる主婦や女性をターゲットにしたCMで、Yahoo!の検索市場シェアを切り崩しにかかったと思われるからだ。

ただ、CMを見たところで、習慣化している行動がどこまで変わるか。

ネット初心者の場合、買ってきたパソコンに付属しているインターネット・エクスプローラ(MSIE)で、そのMSIEのデフォルトのホームページにたまたまなっていたMSNあるいはモデムの設定ソフトウェアで設定された Yahoo! Japan のページがポータルになったまま、ずっとネットを使っている人が多いわけである。

そういった習慣化した行動(ちょっと悪く言えば惰性)というのは、なかなか変わらないものである。
しかし、この習慣化した行動が変わるとすれば、Yahoo!も何か反撃手段を考えなければならないかもしれない。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"Google のテレビCM"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"Google のテレビCM"へのトラックバックはまだありません。

"Google のテレビCM"へのコメント

"Google のテレビCM"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •