ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)

トヨタのプリウス(最近、ブレーキの問題が出てきたが)が売れまくり、いまやハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)の技術を持たない自動車メーカーは生き残れないとまで言われるようになった。

そんな中、これまでハイブリッド車の開発には腰の重かったメーカーまでもが、ハイブリッド車を発表、発売する動きが増えている。

まず身近なところでは、ホンダの「CR-Z」。これは、既に東京モーターショーなどでも市販車に非常に近い形のコンセプト車が公開されており、今月中に販売が始まる。

エンジンは、インサイトなどでも使ったIMAがベースだが、スポーツカーということで排気量を少し上げ1.5Lとなった。その結果、燃費はインサイトより若干落ち、25km/Lである。

無段変速の方がマニュアルよりも燃費が良いのは、従来のマニュアルとオートマの感覚から抜けきっていない自分からすると不思議な感じなのだが、いまではやはり電子制御が全盛なので、人間よりも機械が変速操作をする方が効率の良い運転ができるということなのだろう。

そして、つい最近報じられたのがスポーツカーの最高峰と言えるフェラーリのハイブリッド車で、「599」のハイブリッド車バージョンがジュネーブのモーターショーで発表されることになったようだ。エンジンは6リッター、燃費は35%ほど良くなるらしい。リッター当り、6〜7km位は走るのだろうか。

ということで、いまやハイブリッド全盛期とも言える世の中なのだが、この「ハイブリッド車のスポーツカー」というコンセプト、どうなのよ?と個人的には感じるのだ。

確かに、クルマの走りを楽しみつつも、少しでも燃費を良くするために、ハイブリッド車を選ぶという考え方はあるだろう。ある意味、このハイブリッドを選ぶという行動は、いま国や行政が喧伝する「エコドライブ」と同じようなことだ。

ただ、いくら車両のパワートレインの電動化を進めても内燃機関の方がメインである以上、化石燃料を燃やしCO2を排出しながら走ることに大きな変わりは無い。だったら、一番良いのは、クルマの運転をしないことに尽きる訳だし。

燃費は確かに良くなるので、従来のクルマの方向を何も修正しないよりはマシだとは思うが、やはり資源枯渇や地球温暖化といった大きな問題に対する根本的な解決策ではなく、あくまでも一時的あるいは局所的な対策にしかならないと思うのだ。

一言でいうと、中途半端なコンセプトということ。

恒久的かつ大局的な解決策は、やはりエンジンから電池+モーターへの移行を行うことだと考える。

車両を電動化しつつも、スポーツカーとしての走りも追求するというのであれば、米国のテスラモーターズのように100%純粋な電気自動車とした上で、技術的な改善によってパフォーマンスを上げれば良いだけの話である。

いま日本のヤフオクでガリバーの輸入した「テスラ・ロードスター」が競られているが、このクルマは100km/hまでの加速がわずか4秒と、れっきとしたスポーツカーとしての動力性能をいまある技術だけで実現できている。

(ちなみに、100万円から入札ということなので、参戦しようと少し思っていたが、入札開始後あっという間に700万円まで競り上がってしまって戦意喪失してしまった・・・w)

同じ考えは、慶応義塾大学環境情報学部教授で、EVベンチャーの「SIM-Drive(シムドライブ)」を立ち上げた清水浩教授が開発したEV、「Eliica」でも証明されている。

こういった、テスラ・ロードスターやエリーカといった高性能EVを見れば、21世紀のモビリティとして自動車メーカーがどのようなクルマを創ればよいかは自明ではないかと思うのである。

テスラ社のようなEVベンチャーがいよいよ今春IPOを申請し、シムドライブ社に何十社もの企業が集まってEVの事業化を目指しているといった流れが、今後も続くだろう。

このブログでは前にも書いたのだが、ホンダには中途半端なハイブリッドのスポーツ車じゃなく「スーパースポーツEV」を早く開発して欲しいと思う。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)"へのトラックバックはまだありません。

"ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)"へのコメント

"ハイブリッド車のスポーツカー(Sport Hybrid)"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •