日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破

日経Web刊の会員が30万人を超えた、とその日経Web刊のトップにリンクが貼ってある。
実際、当方も取り敢えず日経Web刊に登録(無料)して活用させて頂いている。

しかし、ネット上の評判などをいくつか拾ってみる限り、日経の思惑通りに事が運んでいるのかというと必ずしもそうでないように思える。もちろん、日経として簡単に上手くいくとは思ってないだろうし、長期的に取組む覚悟はあるのだろうが。

まず、会員数だが30万人というのは、日経自身の発表ページある通り"無料・有料読者を合わせて"の数字だ。パレートの法則、つまり2−8の法則を当てはめて推測してみると、有料会員はこのうちのせいぜい2割、残りの8割以上は無料会員としての登録ではないかと思う(実際自分もそうだし)。

月4千円というかなり強気の価格設定で有料会員が5万人もいたら、現時点ではかなり成功と言えるだろう。
月に4千円のプライシングというのは、新聞を定期購読していない者にとってかなり敷居が高い。

これだけの費用負担が求められるとすると、単なる情報ソース以外の付加価値が何か無いとなかなか買う方としても踏み切れない。

だから、無料登録者で月間の無料閲覧可能な記事の上限を超えました、続きを読みたければ有料登録して下さいと促す画面が出ても、あぁ、そうですか、じゃあ有料登録します、とは行かないのだ。多分、無料登録者の大半がこういうパターンだろう。

あと、Web刊の機能についても姑息というか、不満が残る。

例えば、記事を読んでいて何か知らない単語やキーワードが出てくる。

それをマウスでハイライトして右クリックし、新しいタブでGoogle検索結果で調べようとするのだが、なんとその右クリックがJavaScriptか何かで禁止されているのだ。
(ちなみに当方の使用ブラウザはFirefoxとGoogle Chrome)

これは、記事コンテンツのコピー&ペーストなどでの違法な再利用を防止するためなのだろうが、そういうことをする意図の無いユーザからすると、極めて使い勝手が悪い。

そのくせ、試しにCTRL-Cで選択した部分をコピーしてみると、別に記事コンテンツのコピーができない訳ではない。つまり、記事をコピペするような輩にとっては全然違法コピー防止策になっていない一方、一般ユーザの使い勝手だけが落ちているというまったく意味のない状況になっている。


ネットの普及が進展する一方で、既存4大メディアの広告モデルが大きな影響を受け、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌のうち、ネットよりも大きな広告収入があるメディアはいまやテレビだけだ。そのテレビの広告収入も早晩ネットの広告収入に追いつき追い越されるはずだ。

そんななか、新聞社としてもビジネスモデルの再構築が急務となっているのは理解できる。
しかし、だからといって旧態依然とした紙ベースの読者を失いたくないあまりに、ネット上の展開で利用者視点に欠ける展開となっているのは残念である。

今後、価格や使い勝手、使う価値などできちんと改善がなされれば日経Web刊の有料登録も考えたい今日この頃だ。


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破"へのトラックバックはまだありません。

"日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破"へのコメント

"日経Web刊(電子版)の会員が30万人を突破"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •