テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始

テスラ・ロードスターが、いよいよこの春から日本で販売されることになった。

テスラ社CEOのElon Musk氏は、以前より2010年には日本でも発売したい意向を明らかにしていたが、ついにそれが実現したわけだ。
これは、EVの普及という面でも、EVの選択肢(と言っても、やはり万人向けではないが・・・)の広がりと言う意味でも望ましいことではある。

ただ、テスラが本当に日本でEV事業を本格的に展開していくのであれば、解決して欲しい課題もある。
なんて、要するに当方の個人的な要望かもしれないのだが、以下勝手に記しておきたい。

急速充電器への対応

これまでにガリバー社が中古で輸入し、ヤフオクで落札された一台、それに今回の日本正式発売で輸入される12台は、いずれも英国で売り出された右ハンドル仕様のものをほぼそのまま日本向けとしている。

ということは、100V/200Vでの普通充電にはもちろん対応しているが、CHAdeMO協議会による日本統一規格(以下、チャデモ規格)の急速充電器には残念ながら対応していない。
したがって、首都圏ではかなり整備が進んできた急速充電器の恩恵に預かることができないのだ。

ロードスターには、53kWhと三菱自動車「i-MiEV」のバッテリー(16kWh)の約4倍の大容量バッテリーが搭載されており、200Vの普通充電ではカラの状態からだと満充電まで2〜3日かかるらしい。となると、このクルマで遠距離を走ると、充電時間が長くなってしまう恐れがある訳だ。

当面、北米の急速充電器がチャデモ規格と統合される状況にはなく、テスラがチャデモ規格に対応するかは何とも言えないが、国内で多くのロードスターを真面目に売りたいのなら、やはりチャデモ規格の急速充電器対応は必須だと思う。

価格が高すぎる

もともと、ロードスターの価格は北米でも$109,000、補助金$7,500を含めても$101,500、つまり現在の為替レートで換算しても1000万円近い。
この価格帯となると、立派な高級車であることは間違いない訳だが、今回輸入される12台の価格は、米国の価格よりも大幅に高い1780万円だそうだ。

どちらにしても、環境問題に感心のある富裕層向けということで1000万も1800万もそれほど大差ないのかもしれないし、今回輸入分は「日本限定モデル」だそうで、それも値段が釣り上がる理由なのかもしれない。
それにしても、北米仕様のオリジナルと比較して8割も高いのは、どういう理由からなのか、やや疑問をぬぐいきれない。
日本の車両関連規制に適合させるために、何らかの改修など必要と聞くが、それだけで何百万円も変わるとは思えないし。

できれば、日本で最終組み立て→販売を

最後に、製造と販売の体制だ。
これは、まだ数量として少ないこともあり、今後も高級車の範疇でしか売らないつもりだとすると、何の対応も取られないかもしれないが、環境に良いことを売りにするのであれば、やはり真剣に検討すべき課題だ。

なぜならば、ロードスターに積んでいるバッテリーパックは、パナソニック製の18650型リチウムイオン電池セルを大量に採用している。つまり日本製だ。
現在、ロードスターはこの日本製リチウムイオン電池や英ロータスが供給するボディ/シャーシ、台湾製のモーター等を北米の工場で組み立てて、出荷している。

この春日本に輸入される12台もそのようにして製造された車両だろう。

しかし、考えてみれば、部品の多くを国外から調達して組み立て、それをまた別の国に移動している。
これは、モノの物理的な移動にもエネルギーをかけてCO2を少なからず発生させているという意味で、不経済、非効率なことである。

製造のための人や場所の問題はあるが、モーターは台湾から、ボディやシャーシは英国から直接日本に運んで、国内のパナソニックから調達したリチウムイオン電池と一緒に組み立てる方が効率が良く、エネルギーの無駄も無い。

つまり、EVの環境性能やエコな会社をウリにするテスラとして、このようなロジスティクスと製造、輸出による
無駄やエコに反する振る舞いをいつまで続けるんですか、ということになるのだ。

まぁ、日本の市場はそれほど魅力的ではないかもしれないので、仮にアジアで製造拠点を設けるとしたら、日本ではなく、成長市場である中国とかインドという話になるかもしれないが・・・

以上、今春から日本で発売開始されたテスラ・ロードスターについて、概ねは歓迎したいと思いつつ、今後是非テスラ社に善処をお願いしたいことを勝手に書いてみた。

もしテスラ社、関係者の方が本ブログをお読みになられたら、上記につういて前向きに検討して頂ければ幸いである。(って言っても、すぐにロードスター買うお金無いけど・・・爆!)


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始"へのトラックバックはまだありません。

"テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始"へのコメント

"テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)、日本で発売開始"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •