テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言
無料メールマガジン
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言

下記のようなメールが、昨日だかに来た:

<前置き…略>

University of ○○○, Dep of ○○○ Engineerで一回生をしてる○○と申します。
 
私は大学、大学院と化学工学を専攻しているのですが、研究者になりたいのではなく、技術を如何にビジネスにつなげるかという職種に就きたいと考えております。
 
工学系大学院を卒業後、すぐにテクニカルマーケティング職に就くことは可能なのでしょうか?アドバイスよろしくお願いいたします。
<結び…略>

当方が存じ上げない方だし、図々しく助言を求められても…と無視しても良かったのだが、お人良し?なので以下のようなアドバイスを差し上げた:

ご質問の件へのご回答ですが、可能性はあると思いますが、そのためには適切な準備が必要になると思います。
 
私の経験から考えるかぎり、技術的なマーケティングというのは、技術面とビジネス面両方での知識や経験が求められます。その辺で、企業から見て○○さんにそういった知識や経験、スキルがあれば採用されるでしょうし、
無いと判断されれば不採用になるでしょう。
 
私の場合、設計や開発などの仕事からマーケティング分野での仕事を得るきっかけになったのは、米国での大学院でビジネスを勉強したことでした。
 
そこが、つまり、技術的な知識や経験と、マーケティングに関する知識の両方を持っていたことが、当時の私にジョブオファーを出してくれた(後に私の直属上司となる)ハイヤリング・マネージャーから評価されたのです。
 
なお、マーケティングの実務経験はその後、実際に仕事で身に着けることになりました。いわゆる OJT (On the Job Training)ですね。
 
多分、○○さんの場合、化学に関する技術的な知識や経験はお持ちなので、ビジネスやマーケティング的な知識や実務経験がまだない事が採用に当ってはボトルネックとなる可能性があります。
 
テクニカルマーケティングで求められる基本的なスキルは、具体的にはプレゼンテーション、技術資料(データシートやカタログなど)作成、市場調査、競合調査、などです。
 
ですので、その辺を大学院にいる間に、可能であれば、マーケティング関係の授業で単位や学位を取るとか、インターンとしてどこかの企業でマーケティング関係の仕事で経験を積むとか、しておけば、大学院卒業後に、そのままテクニカルマーケティングの仕事に就くことが可能になると思います。
 
補足ですが、日本では外資系などを除くとマーケティング職というのは、まだあまり一般的ではないと考えています。特に、規模の小さい日本の会社では、営業職とごっちゃになっていて、職種のカテゴリーとして確立されては
いないという面があります。仕事を探す時には、その辺も考慮しておく必要があるでしょう。
 
以上、僭越ながらお役にたてれば幸いです。
○○さんの今後のキャリアでの幸運を祈ります。勉強の方も頑張ってください。
 


若い人には、まだまだ夢や将来があって羨ましい…


このブログ以外にもマーケティングの達人によるヒントがたくさん → にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

"テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言"へのトラックバック

このエントリーのトラックバックURL: 

"テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言"へのトラックバックはまだありません。

"テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言"へのコメント

"テクニカルマーケティング職に就きたい方への助言"へのコメントはまだありません。

Post a Comment

コメントする

さんのTypeKeyへのサインインを確認しました。 コメントをどうぞ。

(HTMLタグは使用できません)
ブラウザに投稿者情報を登録しますか?(Cookieを使用します。次回書き込み時に便利です。)
  •  
  •