無料メールマガジンエンジニアのマーケティング
メールアドレス:

Powered by
テクニカルマーケティングのメルマガ

2009年05月12日

日本の会社がブログ(blog)を書かない3つの理由(2)

当方の勝手な憶測ではあるが、それらの大企業がブログを使わない理由は、以下では無いかと思う:

  1. 責任の所在を明確にしたくないという企業文化
  2. 無知、あるいは仕事が増えることを厭う知的怠惰
  3. 他の国内競合各社がどこもやらないから、という横並び意識

責任の所在を明確にしたくないという企業文化

日本の会社では、何か問題が起こったときに責任の所在が曖昧であるか、あるいは明確にしたがらないという企業文化が未だに多い。 

稟議や合議制が一般的で、最高経営責任者が最終的に責任を取るという欧米式の経営スタイルが馴染まないからかもしれない。
しかし、それはブログのような有効な情報技術をマーケティングやパブリシティに活用する際にもネガティブに作用しているわけだ。

今日び、高校生や主婦、サラリーマンなどの個人ですらブログで様々な情報発信をしている。
カリスマ・アフィリエイターと呼ばれる主婦のブロガーが週刊誌で話題になったりゲストとして引っ張りだこになるほどだ。

技術力を標榜する大半の日本企業がブログのような一般化した技術を持て余しているのは、大変もったいない話だ。

"日本の会社がブログ(blog)を書かない3つの理由(2)"の続きを読む



SMO(ソーシャルメディア最適化)その他のエントリー


テクニカルマーケティング研究会